フラワーエッセンスの基礎

基礎知識

心に劇的な変化をもたらし、害のない代替療法のひとつとしてフラワーエッセンスがあります。フラワーエッセンスとは花の精気を水に移し込んだものです。

アロマ・テラピーと違いフラワーエッセンスは匂いはしません。心もとないかもしれませんが、製作は大変なのです。

フラワーエッセンスの説明に欠かせない人がイギリス人の医師エドワード・バッチ博士です。
1886年生れバーミンガム大学で外科医・内科医の資格を得、臨床医、開業医ホメオパシー薬の開発者としても知られ非常に有能な医師でした。

彼は一度良くなった患者さんがしばらくするとまた違う症状を訴えて戻ってくるのを見、病気の本当の原因は菌の種類ではなくその人の心のあり方に一番の問題があるのだと解明しました。

その一方で、もともとバッチ博士は植物をたいへん愛し、植物と人とのかかわりをある種、神秘的な方法で理解していました。そして見つけ出したのがフラワーエッセンスです。

フラワーエッセンスは、仕事を休むと生活にも困るような人たちでも簡単に選択できるように、安全でしかも効果の高いものという配慮のもとに選び出されています。
おそらくバッチ博士は植物と会話できたのだろう、とまで言われています。

エッセンスの中身は物理的には清水と腐敗防止のブランデーしか入っていないと言っても過言ではありません。

ブランデーが入っていないフラワーエッセンスはなんの匂いもしません。

しかし物質成分がフラワーエッセンスの持つ効果の主体ではありません。
花が備える生命力・雰囲気・精気と太陽のエネルギーを正に水に移し込んだものなのです。

フラワーエッセンスは治療薬ではありませんが、花という植物の癒しのバイブレーションという性質を抽出し、心、精神、魂、スピリットに働きかけネガティブな気持ちや否定的な思い込みのパターンを調和させて潜在意識の心を整えてくれるといわれています。
ここが「同種療法」といわれるホメオパシーとはまったく異なる点ですので留意してください。

人々にとって有益ではない思い込みや感情に機能し、考えや思いを変えることによってストレスを解消し最終的に健康を取り戻すことができます。

フラワーエッセンスはあなたの心の状態に適合した場合には、その場で劇的に効くようです。ストレスの強い環境に備えるにはよいかと思われます。

フラワーエッセンスの製造方法は、次のとおりです。
現地で採取する場合は、未踏の原野の花を用います。
未使用のクリスタルのガラス鉢ときれいな清水を用意し、花に人の手が直接触れる事のないようにその花の枝や茎を箸の代わりに使い、花を摘み取りガラス鉢に張った清水一面に浮かべます。
このガラス鉢は周りに花が咲いている地面に置かれて、そのまま朝日に2,3時間さらされます。太陽の光りのエネルギーこそが、花のもつエネルギー・バイブレーションを水に移し込む手助けをするのです。
2,3時間経って花びらが幾分しわしわとなったら、今度は最初と同じように手で花を触れないように水から取り出し、ほこりなどを取り除く為ガラス鉢の水を濾します。

この原液からさらにスポイトで数滴取り出し、精製水とブランデーをある比率で交ぜ合わせたものに交ぜ合わせ・・・と言う具合にこの作業を数回繰り返し希釈したものが製品となります。

ただしホメオパシーほど激しく希釈するものではありませんが、元となる物質が入っていない点はホメオパシーと同様です。

使い方は、少量の水に少したらし、その水を飲んだり、直接、舌の上に2滴くらい垂らしたりして使います。

とくにレスキューは(ロックローズ,クレマチス,インパチェンス,チェリープラム,スターオブベツレヘム)の混合で、緊急時の心の動揺を防ぎます。
この場合は、舌の上に垂らすのがもっとも手早い処置でしょう。

使い方

一日3,4回、口の中に3,4滴垂らして、口中への広がりを感じてください。
ただしレスキューなどのように緊急時は必要だと感じた時に使います。