ヒーリングにおいて匂い、香りは極めて重要なことはあらためて言うまでもありませんね。
鼻からの匂いの刺激は「大脳辺縁系」という脳の奥深くに到達します。
ここは快、不快に関係しているところですから、よい香りは素早く気持ちの切り替えが可能です。

しかし芳香製品の大半が合成香料であることにお気づきでしょうか?
この事実をネガティブに捉える必要はありません。
まず自然資源の問題があります。有名ブランドが次々に出している香水を天然素材だけで作ると、いくら植物があっても足りませんし、ものすごい価格になることでしょう。ですから合成香料を使うほうが自然に優しいのです。
二番目に自然の香料は均一さがありません。自然の中で育つのですから工業製品のようにいきません。そうすると微妙な香りといったものを製品として表現するためには合成香料のほうが適しているのです。

さはさりながらネガティブな側面もあります。
普通の人がお香として楽しんでいるものの大半は合成香料です。
自然のもので作られていることは、まずありません。
それゆえハーブなどの場合は期待した薬効を得ることは難しいでしょう。
また、一般の方は芳香を発する素材の扱い方もよくご存知ないと思います。

レメディ・アカデミーではヒーリング効果が極めて高いお香をユニークな扱い方で提案することにしました。